カメの子たわし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

私を剣山に連れてって

4月18日……剣山の観光登山リフトの運転開始日。
その情報を掴んだ僕は

そうだ。剣山、行こう。

こう思ったわけで。
気がついたときにはいそいそと準備をしていた。

剣山は日本の四国に位置する標高1,955mの山で、近畿以西の西日本および四国第二の高峰であり、徳島県の最高峰である。(wiki参照)
高いってわけ。

剣山登山口まで僕の家からはざっと90キロ。
僕には車がない。
公共交通機関も特にない……というか知らない。

Q. じゃあどうするか?
A. 自転車ですね。

turigi2.jpg
相棒はspecialized tarmac SL2
長期のツーリングでもしない限り、いつもこの子だ。今回もお世話になりました。

リュックの中身は、タオルとスナックパン、ブラックサンダー等の補給と
EPIヘッドとガス缶とかぷめんと……
登山靴は流石に重かったので、愛用のズタボロランニングシューズ。

これだけあればいけるっしょ。
前日に準備して早めに就寝……

次の日、5時30分起床。
窓を開ける。晴れ。やったぜ。

身の回りの準備をして、6時半に出発。

外はちょっと肌寒い。サイクルウィッチのウインドジャケットがいい感じ。
途中、コンビニで朝御飯をmgmgしてひたすら南下する。
剣山の登山口にむかう国道に入ったのが午前9時丁度。
ここで走行距離は55kmくらい。まだ全然元気。

登山口までは約40km程で、最初の20kmくらいは集落を抜けていくような緩い登り。後の20kmで本格的なヒルクライムとなる。

turugi5.jpg
登り始めてしばらくして、道の小脇に名水を発見!
すかさず給水。そして飲む。
冷たい。おいしい。

このあたりはまだ道がゆるくてよかった。
さらにしばらくして急に斜度が上がってきた。

ここから20km・・・
シッティングで登ってたまにダンシングを挟みながら、疲れたら休憩してを繰り返した。

途中休憩していると、車が一台止まって窓が開いて外国人のお姉さん(美人)が「ダイジョブデスカ?」と声をかけてくれた。
僕は「大丈夫です(ニッコリ)」と、元気よく爽やか好青年アピール。
お姉さんは「ガンバッテネー」と先に行ってしまったが、僕はあんまり大丈夫ではなかったわけで。
水が枯渇していたわけで。
どうして見栄張ったよ僕。

山の中20kmとはいえ、途中にスキー場もあるしそこまで我慢すれは自販機の一つや二つあるでしょうと登って行った。

嗚呼、剣山スキー場・・・そこには自販機がなかった。

ええい、こうなりゃヤケだ。オフシーズンでもトイレくらいは開いてるだろ。そこで水を汲んでやる!と駐車場に隣接してあるトイレへ。

嗚呼、剣山スキー場・・・トイレすら開いていなかった。

万事休す。しかし、残りも5kmほどであったため、気合で登ることに。

30分後・・・
turugi1.jpg
到着!!

のんびり登っていたせいもあって、駐車場まで3時間くらいかかった。
しかし、メインイベントはこれから。腰が厳しい感じだけど・・・おじさん頑張る。

登山口に湧水があったからがぶ飲みをした。
おいしい!生き返る・・・
すかさず給水。ペットボトルの飲料も一本買って出発。

turugi4.jpg
自転車で登るのとはまた違う景色。良い。

turugi6.jpg
グランツールで見る風景みたい。

登っていくと、どんどん視界が開けてゆく。

turugi13.jpg
ビューティフォー・・・

と、目の前に雪が。
turugi7.jpg
まぁまだ5月だし、標高が1700m近くあったら雪もあるわな

オンボロランニングシューズで登山していた僕は、若干滑ったりしながらも雪セクションを突破。
と、その先には・・・

turugi8.jpg
ちょっとまって流石に聞いてない。

いったいどこが道なのか。道はあるのかという感じでまたも雪セクション。登山靴もってくりゃよかった・・・
前の登山者達によって形成された足場を駆使して何とか突破。ふー

さらに登っていくと森林限界を超えて笹野原に。
turugi10.jpg
もうちょっと。

turugi9.jpg

turugi14.jpg

turugi15.jpg
到着!剣山山頂1955m!!

達成感しかない。あと空腹。

turugi12.jpg
三角点に触れなかったのが残念・・・

turugi20.jpg
目の前に見えるのがジロウギュウ

周りの景色を見渡すと、疲れが吹き飛ぶ。登山の素晴らしいところ。
何ともいい晴れ具合。なるほど、登山日和ってわけだ。

山頂での楽しみが僕にはあった。
turugi18.jpg

turugi16.jpg
山頂に到着したら、俺、かぷめん作るんだ・・・
お湯入れて3分待ったら出来上がるなんて天才か。

turugi19.jpg

いい天気、いい気温、、いい景色、達成感そして暖かい食べ物。
最高以外の何物でもない。

気が付けば時計の針は2時を回っていた。
一時間くらいは山頂にいたと思う。完全に時間を忘れていた。

まだ復路が残っている。90kmくらい。

とりあえず急いで下山してダウンヒルをし、一番下まで降りてきたのが午後4時30分。
家に着いた時には多分日は落ちてるなー。峠も越えなきゃやしなーまぁいいか。

こんな緩いノリでふらふらと帰路につき、家に着いたのが18時30分だった。ばたんきゅー

自転車での走行距離は180km、獲得標高は3000mほど。
登山で登った標高は600mくらいだった。

とても疲れた一日だったけど、とても充実していた。
またやろう。(えっ)
turugi17.jpg




後日、お会いしたTwitterのフォロワーさんであるところの神楽坂つむりさんにこのことをお話しすると、「エクストリーム登山やんけ。」と返ってきた。

なるほど。エクストリーム登山ねぇ・・・一理ある。今度から使わさせていただきまする。

次はどの山をエクストリーム登山しようか
中国四国最高峰の石鎚山、中国地方の名峰大山は近々行きたいと思っている。

あとは、父親に教えてもらった三嶺とかかな。三嶺いいな・・・次行くか。

つむりさんに教えてもらった屋久島にも行ってみたいし・・・

行きたいところが多すぎて、分裂したい今日この頃です・・・



おわり












 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2015-09-25(Fri)14:38 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。