カメの子たわし

【甘味との】ちょっと名古屋に行ってきた【死闘】~後編~

前回のあらすじ(もう2か月前)

名古屋まで走った。

以上。


朝起きる。

見知らぬ天井。

ここは名古屋、またの名を味噌帝国という。

状況把握まで少し時間がかかったが、前日は名古屋まで走ってフォロワー宅に転がり込んだことを思い出した。
ベッドで幸せそうに眠ってらっしゃる今回の旅の相棒をたたき起こす。

本日はある“闘い”の日である。
あらかじめ言っておくが、自転車には乗らない。
いや、移動には乗ったけども。

腹が減っては戦はできぬということで朝食を食べにカフェへ。

コメダ珈琲本店
コメダといえば、名古屋生まれの全国チェーン店である。その本店というものだからいったいどこに連れていかれるのかと内心ビクビクしていたが、目と鼻の先でした。

そしてコメダといえば、シロノワールなるデニッシュパンにソフトクリームなどが乗ってる何とも甘そうな逸品が有名であるが、今回そちらの方を食べることはなかった。
だってこの後いやというほど甘いもの食べるんだもの。

nago1.jpg

モーニングサービスでコーヒーと食パン半キレ、そして卵を食べ、小腹を満たす程度にして店を出る。

nago4.jpg
今日も牽いてもらうのだ。

戦地に赴く途中である“戦友”と待ち合わせ。
彼の名はピンキー。

大学を出て、就職して名古屋で研修中だった彼と一緒に戦おうと約束していたのだ。

彼と合流を果たし、向かうは戦場。


mou106.jpg
いい写真がなかったので拾い物()

その名は「喫茶マウンテン
喫茶ということは、所謂カフェである。しかしここは一風変わっているのだ。
いや、一風どころの騒ぎではない。全国にその名を轟かせるだけのことはある。

なんといってもへんちくりんなのだ。
何がって?

・・・メニューが。

メニュー表を一目見た感じではその料理が何物か予想ができない。
例: 「赤いワンピース」「アザラシまんま」「辛口ナマズ煮込みスパ」etc....

nago13.jpg


nago12.jpg
上に食事バランスガイドが乗ってるのがなんともお笑いである。

ここだけが変わっているのであれば全国の喫茶店を探せば何店舗かありそうであるが、マウンテンにはもう一つのとんでもない特徴がある。

それは、甘口スパの存在。
こればっかりはもうすごい。これらのメニューは見ただけでヤバいサムシングであることが一発で分かる。字面がすごい。

全てのメニューに言えることらしいが、量が多いらしい。
かき氷なんて頼もうもんなら氷山みたいなものが出てくる。流石マウンテン名前負けしてない。

ちなみに、喫茶マウンテンにて料理を食べきることを登頂、途中で気持ち悪くなって行く末不安になることを遭難、残してしまうことを途中下山などと言うらしい。なるほど、ユニークじゃね―の。
途中でトイレに駆け込むのをビバークと言ってはどうでしょうか。どうでしょうか。

美味しいメニューも多いらしいので気になるところではあるが、初めて訪れた際は甘口スパを注文しようと心に決めていたのでいざ注文。

~注文した甘口スパ系~
申くん:メロンスパ
ピンキーさん:甘口抹茶小倉スパ
僕:しるこスパ

どのスパも字面はものすごいインパクトである。

しばらく待っていると運ばれてきた。

nago2.jpg
お椀が。

おかしい。僕は鍋なんて頼んでない。頼んだのは「しるこスパ」である。

僕の前にのみ置かれているお椀とおたまが僕の思考を停止させる。

・・・・いったい何が始まるんです?

さらにしばらく待っていると、それはおいでなすった。

nago3.jpg
鍋やんけ

言いたいことが山ほどあるが(マウンテンだけに)、とにかくビジュアルはあまりよろしいものではない。
というか、最悪である。

僕以外のふたりの前に運ばれてきた料理も強烈なインパクトを解き放っていた。
nago10.jpg
甘口抹茶小倉スパがこいつ

先制攻撃では明らかにこちらが劣性である。
とりあえず一口食べる。

うん。甘い。
予想通りである。しるこなんですもの。
暖かくて喉が痛くなるほどに甘い。

そして減らない。量が多い。
ここで僕はいくつかのステージに分け、登頂に向けて歩を進めようとした。

第一ステージ~麺~
お腹がすいていたのでこちらは何とか詰め込むことができた。一番最初にこのステージをもってきてよかった。
奴は放っておいたらいくらでものびやがるのだ。

第二ステージ~餅~
3つくらい入っていたか。こいつが意外と厄介だった。一つ一つが割と大きかったのでよく噛まないと呑み込めない。
こちらも何とか制覇することができた。

第三ステージ~あんこ~
しるこだから当然あんこは入っている。
しかしどうだ、しるこスパの小倉あん部分の主張が強すぎる。なんでセンターなんだよ。
そして氷山の一角よろしく量も半端でなかった。
ここでついに気持ち悪くなってきた。
絶対拒絶反応だ。こんなにも甘いものなんて一度に食べたら血糖値なんて振り切ってるでしょうに。
ヤバいと思ったが、何とか乗り切った。

第四ステージ~しるこ部分~
こちらラスボスになります。
何㎖だよといいたくなるほどのしるこ。そして小倉あんたっぷり。
頭が痛くなる。いろいろ限界ですねわかります。
お口直しにとバナナオレも一緒に注文していたのだが、これが全くの無意味。
濃厚でちっともさっぱりしない。そしてあんこに負けて全然甘くない。

他の二人にヘルプを頼んでも引き受けてくれない。
3人いようが孤独の登山である。

体の血糖値なぞつゆ知らず。一気に飲み干す。

晴れて登頂をすることができた。
達成感はあるけど二度とやらねぇ。

他の二人はというと、両方危なげなく登頂できていた。
僕のしるこスパに比べたらあんなのかわいいもんやわホンマ

登頂後はしばし談笑し、お腹を落ち着かせた。

nago5.jpg

マウンテンを後にして、次に向かうは名古屋市科学館。
ここでもう一人のフォロワーであることりさんとお会いし、一緒に見学することに。
nago8.jpg

nago25.jpg

nago11.jpg

名物であるプラネタリウムを見ることはできなかったが、学生であってもとても楽しむことができた。

今日一日訪れた見物客のなかで最も楽しんだのではないかと思えるほどに。

科学館で遊んでいると、昼にあんなものを平らげたのにもかかわらずお腹がすいてきた。
晩御飯はラーメンに行きたいですねと提案し、フォロワーのぴえ君を誘った。

そして、科学館閉館まで滞在し、広場でのんびり談笑等しているとぴえ君合流。

てくてく歩いてラーメン荘歴史を刻めに向かう。
Twitter自転車乗りクラスタの一部の人々に圧倒的な人気を誇っている通称「歴史」を僕も一度食べておきたいということで向かったのだが、不覚!日曜日は定休日だった。
nago26.jpg
ちーん

非常に残念だが再訪の理由になったと元気をつけて別の店を探すことに

nago24.jpg
nago20.jpg
弐番手でまぜそば!!

前情報なしで入ったお店だったが、とてもおいしゅうございました。

そして本日お会いしたフォロワーとはここでお別れ。ぴえ君、ことりさん、ピンキーさん、ありがとう。楽しかった。
またうどんすすりに来てください。

2日目の宿泊地も申くん家である。お世話になりっぱなしだ。このお礼は、いつか必ず。




3日目は特筆すべきことは特になかった。名古屋から三宮まで帰るだけの簡単なお仕事。
強いてあげるとすれば、三宮でのフェリーの乗船時間ぎりぎりで到着し、出航3分前に船内へ転がり込んだこと。

高槻過ぎて「アレこれ本格的にやばいのでは」と思い、激チャ開始・・・ホントぎりぎりでした。
あとは3日目にとった写真をつらつらと。
nago21.jpg

nago22.jpg

nago23.jpg

nago19.jpg

nago18.jpg

nago29.jpg

nago16.jpg

nago17.jpg

nago15.jpg

nago28.jpg

nago14.jpg

nago27.jpg


高松には0時過ぎに到着。
私はおうちに帰り、眠るように死んだのでした。

以上、2泊3日名古屋帝国の旅でした。
この旅でお会いした方々、本当に楽しかったです。ありがとう。
そして申くんには本当にお世話になりました。また四国にも遊びに来いよ!


さーて、次はどこへ行こうか
研究生活の合間にグーグルマップを見るのが密かな楽しみになりつつある。


終わり

スポンサーサイト

PageTop

【味噌】ちょっと名古屋に行ってきた【帝國】~前編~

5月22日19時30分、僕はジャンボフェリー船内にいた。
そう、風が恋を運ぶやつである。

今回はどこへ行くのか
名古屋である。

前から名古屋へは行かねばならぬと思っていた。そして闘わねばならぬと思っていた・・・




ジャンボフェリーは若干遅れて出航。三宮に到着するのは23日1時ごろであった。

深夜一時。名古屋に向かう公共の交通機関なんてこの時間通ってない。

Q. じゃあどうするか?
A. 自転車ですね。

ここで、行きのルートをば。
まず三宮から京都まで出て滋賀県に入って米原から関ヶ原を通り、大垣経由で名古屋入りって感じ。

nagoya5.jpg
なるほど、真夜中の神戸だ。

名古屋までは片道220km。
久々の200越えロングライドでテンションも高めに出発!


大垣まで名古屋在住のフォロワーさんが迎えに来てくれるんだと。ありがたや。

1時に三宮を出て、京都到着は4時、彦根到着が8時、大垣到着を9時半~10時だと予想した。

①三宮~京都
ルートは国道43号(たまに2号)で西宮まで走って171号で一気に京都まで北上。
信号が多いってわけ。深夜帯で車もそこまで走ってないのにストップ&ゴーの繰り返し・・・

nagoya3.jpg
まっくらけ。

予想通り4時に京都についたが、脚が結構疲労していた。
おいおいまだ70kmしか走ってないのにまじかよ・・・とここで一気に不安になったが、走ってるうちに慣れるでしょということで京都を通過

京都を通過するとき、なつかしさが襲ってきた。
ここでちょっと元気になった。また来るよ京都。

京都市を抜け、山科に入ったところで流石にお腹がすいたので朝ごはんmgmg。
思えばここまで補給ZEROだった。
食べた。頑張る。


②京都~彦根
国道1号を通り、国道8号に入ってひたすらに琵琶湖沿いを北上。
信号も減ってきて快調に走ることができた。
nagoya2.jpg
nagoya1.jpg
朝焼けの中、快調に飛ばす。
nagoya13.jpg

景色の移り変わりも大してなく、淡々と走っていく感じ。

彦根到着は7時半くらいだった。ここまでで約150km。大垣まではあと30kmとか。
休憩して走ったらちょうどいい時間に着くんじゃねと補給をして出発。

③彦根~大垣
ここから国道21号に入る。滋賀岐阜県境は少し登った。ほんの70mほど。
nagoya14.jpg
ぎふぅ

これまた淡々と走って大垣到着は9時20分だった。

船が1時間遅れた割には予定時刻を巻いて目的地に着いた。
フォロワーさんとの待ち時間が10時だったのでちょっと時間があるかとコーラを飲んでぼけーっとしてると

9時半くらいにフォロワーさん到着。

nagoya12.jpg
NCUCCの申くん。剛脚のオーラをまとっていておじさんちびりそうでした。

大垣到着時点での走行距離は180kmほど。名古屋市内まではあと45km位なんだとか。

休憩もそこそこに申くんに牽いてもらいながら出発。

時間は10時。名古屋市内に入るとお昼時である。申くんは僕を味噌カツのお店へ連れて行ってくれるそう。
さすがは味噌帝国。余念がない。

申くんの鬼牽きにひぃひぃ言いながらついていき、途中渋滞にも巻き込まれはしたけど、お昼時には名古屋市に入った。

さぁ、味噌帝国の力を見せてくれ!!

nagoya7.jpg
連れてってくれたのは井筒というところ。外観は「隠れた老舗」っぽさが漂っていてとてもいい感じ。

そして注文するはもちろん味噌カツ定食!

nagoya10.jpg
最高
nagoya11.jpg
はい最高
nagoya9.jpg
最高(語彙力)


サクサク揚げたてのカツと、名古屋味噌独特の甘みとコクがベストマッチ!!
うますぎる・・・
どうしてこんなにおいしいんだい教えてくれよベル君。

ぺろりと平らげました。うーん、本当に美味しかった。また行きたい。

お昼をとったところで荷物を置きに今回の宿泊地である申くんの家へ。

申くんの家に到着してちょっとのんびりしていると猛烈な眠気ががが
ド深夜から走り始めて240km弱のロングライドですもの。仕方ないね。

しばし仮眠をとることに・・・



目が覚めた。薄暗い。時計を見る。19時。
5時間くらい寝てたわい・・・

まだ寝ていた申くんを叩き起こして晩御飯へ。

nagoya8.jpg

晩御飯を食べたのはここ「十夢」
知ってる人は知っている。ここにはちょっと変わったラーメンがある。

それがこれ
nagoya6.jpg
ペペロンラーメン。

ぺペロンとは、みんな大好きペペロンチーノである。それがラーメンなのである。なるほど面白い。
塩ベースのスープにガーリックオイルとガーリック。そして鷹の爪。
チャーシューの他にベーコンなどなど、ペペロンチーノ特有の具材が入っていておいしかった!
アーリオ・オーリオ!

ちなみにこれ、1辛~3辛まで選べるんだとか。僕と申君は2辛を食べたけど、まだ大丈夫でした。
3辛はやばいらしい。本当に。


晩御飯後はナゴヤドームに行くなどして、深夜自転車(撮影)部が開催
おなじくフォロワーであるところのせんべい君に合流。

nagoya15.jpg
nagoya17.jpg
nagoya16.jpg
綺麗なお写真が撮れました。

ナゴヤドームで撮ったり、大曽根駅でタクシー運ちゃんのケンカを横目に撮ったりして、会話もほどほどにせんべい君とお別れ。
ありがとう!楽しかったよ。

その後は申家に直行して晩酌を交わしながらアニメ見たりして寝ました。


なお、この一日目はまだ序章に過ぎないわけで。

本当の闘いは二日目にあったわけで・・・

とりあえず、この辺にしときます。

続く





PageTop

3年目のツーリング in 北陸・信州! 3日目~

さらにさらに前回の更新から1ヵ月以上経過する始末・・・
すいません許してくださいなんでもしますから・・・(ん?)

3日目以降、書きはじめるとツーリング書き終えるのいつになるんだって話になるので別ブログでかいたやつを参照の程・・・

「香川大学サイクリング部ブログ」の11月アーカイブをご覧いただけるとめっちゃ端折って書いてます。
よろしくです~(KUCCの宣伝にもなるからいいかな


部活も引退したことだし、これからはいろんなところに走りに行ってそれを記事にできたらなとか思ってます。
次はどこに行こうか。

PageTop

3年目のツーリング in 北陸・信州! 1日目夜後半~2日目

 前回の更新から1か月以上たちましたね・・・(白目)
ツーリングを終えてから2か月近くたちましたが、前回のおさらいといきましょう。

前回のおさらい
テントがふっとんだ

プニキが報告してくれたのはいいけれど、横殴りの猛烈な雨の中、テント回収に行くのは辛すぎる。しかし、大急ぎで避難してきたので火器や食材を除いたほとんどの道具類は見事に雨ざらしなため、嫌でも取りに行かなければならない・・・・
全員が一歩を踏み出せないでいると、あることをひらめいた部員が一名。私だ。
ひらめきの糸口は、こうだ。
①真っ暗
②大雨
③キャンプ場利用者は私たちだけ←重要
④男  班←超重要!

①+②+③+④=パンイチが可能←完全勝利

そのまま回収に行って服もろともずぶ濡れになるのなら、さらけ出してパンツだけを犠牲にすればいいじゃない
さぁ行くのだパンイチの戦士たちよと言わんばかりに提案をし、全員パンイチに

いざいかんと一歩踏み出すと、痛い痛い冷たい寒いでパンイチ軍団が暴れまわる阿鼻叫喚の図に
それでもほっぽりだしていたすべての道具を回収し行方不明となったテントの捜索・回収にパンイチ一回生を使い(クズ)、パンイチ上回生一同は料理の途中だったシーフードカレーの調理に
パンイチ一回生が回収したテントは雨水を吸いきってしまってぺたんこになってました。くっ・・・

完成したシーフードカレーは水が多すぎたのかカレースープ状態になってました。しかし、大雨のおかげで気温がだいぶ下がっており、一同寒さに震えていたので暖を取るにはちょうど良かったです。
ご飯を食べ終わって一通り片づけを終わらせた後、割と真剣な話し合いに。
内容は、「明日からどうするか」
テントがほとんど使えない、9人という大所帯・・・
つまりは、道の駅で野宿コースである。

細かいことはまぁ明日の朝考えようということでその日は炊事場(BBQコーナー)でみんなで寝ることに。止まない雨、強風で夏のくせに寒さに震えながら練る羽目となりましたとさ・・・。

2日目
朝、雨の音で目覚める。やっぱりな。知ってたという感じ。
s_2nitime1.jpg
Oh.....
大雨で身動きが取れず(というか戦意喪失)にチェックアウトぎりぎりまでキャンプ場に居る始末。ホントにこれツーリングなの・・・?
これから走る予定だった道の多くが山道で車道も狭いために思い切って目的地だけ同じにして飛騨・高山方面からでなく、北陸を通って糸魚川から輪行で松本に乗り込もうということになりましたとさ。
もちろん、北陸のツーリングマップルなんぞは持っていなかったので、途中のコンビニで新しいのを買い、コピーをして班員に配る形に
2日目の目的地を富山県射水市の道の駅新湊に設定をしていざ出発!
この日はホントに一日中雨でした。もう嫌になるくらいに・・・
ルートはただひたすら国道8号線を走るだけの簡単なお仕事。
雨でも気合で乗り切って見せるぜ!!と何とか頑張っていたのですが、目的地との中間地点当たりで班員のダニエルさんがまさかのパンク・・・
この時は高架下に小さなトンネルがあったので雨宿りがてらそこでパンク修理を行ったのですが、パンク修理がおわって走り出したのもつかの間、一キロいったか行かないかでまたパンク。今度は雨宿りをする場所もなく、雨の中パンク修理。
この2回目パンク修理が長引きました・・・雨でよく見えない+濡れる+雨なのか泥なのかすらよくわからないの心折設計で挙句の果てにはタイヤに亀裂が入っててもうお手上げ状態に。
応急処置として布ガムテープをタイヤにぺたぺたして富山についたらショップに行って直そうと再び走り始めました。

ダニエルパンク事件で前の班とも一時間近く離れてしまったので、コンビニで落ち合ったところ、しっきー隊員からよさげな海鮮料理屋の予約を取ったからそこで晩飯にしようとの提案が
あと少しで海鮮丼が食える・・・!!
色々と気が滅入っていたのでこの一報で復活しました。多分他のメンバーもおんなじ感じだったんじゃないかな

15キロほど走り、海鮮問屋柿の匠へ
一人ずつ~円(いくらか忘れた)までは全体会計から出しますよ宣言をして一人一人注文・・・
私はというと
海鮮丼特上+にぎり盛り合わせ上 ブルジョワー
出てきた料理がこちら↓
s_2nitime2.jpg
にぎりが映ってないけどね

ここ2日の疲れを忘れさせてくれるくらいに美味でした。 まぁその分財布はさびしくなるんだけどね・・・
班員のみんなの疲れ切った感じじゃなくてちゃんとした笑顔も見れておじさん良かったです。

食事を食べた後は風呂に入り、道の駅まで頑張って走ってそこで就寝となりました。

すごく内容の濃い2日間・・・これだけいろいろな出来事が起こっているのにまだ2日目とかこれからどうなるんだと不安7割期待3割で2日目は終わりました。


しかし、3日目でまたも悲劇が・・・!

To be continue....


PageTop

3年目のツーリング in 北陸・信州! 準備編~1日目夜前半

6月某日、大学の一室にてミーティング。
今回のツーリングの場所決めです。
私の所属するサイクリング部の夏ツーリングは人数の都合で多少変動しますが、4つくらいに分かれます。
今回も例によって4か所・・・提案の段階では北海道から沖縄まで数多くの候補地が提案されるわけですが、時間・お金などの面でほとんどは消えていきます。
今回はこの4つ!!
①一回生のツーリング時に熱中症患者を出してそのあとの工程がとんでもないことになった九州
②ほぼ毎年存在する東海道
③旅しやすい(距離的に)四国
④まわり山しかない。山巡りな信州
以上。
3ヵ所おおざっぱな地域、1ヵ所ピンポイントな感じ。
日程に関して前半組を東海道・信州、後半組を四国・九州に設定し、各個人の都合など希望をとって最終的に誰がどこへ行くかを決めるわけです。

まぁ、信州になりますね
メンツは僕を含んだ3回2人、2回2人、1回5人の9人班
行きたいところなどをリストアップしてルートを決めます。最終目的地を信州の松本に設定して白川郷・五箇山・飛騨・乗鞍を巡って金沢~松本までのおよそ360キロ、獲得標高5000m余りのコースが出来上がりました。日程は8月7日~13日です。
現役で最後のツーリングなので気合十分です。張り切ってまいりましょう!! 

この時、まさかあんな事態になろうとはだれも予想できなかったのです(意味深)

1日目
4時35分発、快速マリンライナーに乗って高松から金沢までの輪行旅がスタート
およそ9時間30分・・・九州とかに比べればちょろいもんです。一年生の時は12時間でした()
途中、姫路~敦賀間の新快速にて別車両(京都で切り離されちゃう)に乗ってた人達が京都降りられずに先着と後着に分かれる形になりましたが何とかみんな無事にたどり着きました。
輪行解除中、一人の女性(美人サン)が一回生のA木(あだ名をダニエルという)に話しかけてきました。
聞くところによるとTV金沢でリポーターやってる大学生(バイトらしい)で、夕方の番組で金沢駅前から中継するので出演してほしいとのこと。 まじかYO
3回生のもう一人、頼れるS谷(部長)がやってもいいですよと言ったので生放送に1分ほど出られることに ナンテコッタイ
インタビューは最高に苦手なコミュ障である私ですから、リポーターからのインタビューは全部S谷に丸投げして自分は背景に徹するというクソ3回生やってました。
打ち合わせ↓
s_1.jpg

運悪くチャンネルを合わせてしまっていた金沢のお茶の間のみなさんごめんなさいでした。

生放送デビューも華麗に(?)キメて出発!
あまり時間がなかったのであまり走らずに本日のキャンプ地へ・・・
「大崎海浜公園キャンプ場」
ちょっとお高いですが、しっかり整備されていて居心地がよさそうなロケーションでついてすぐにテントを2つ張って夕飯つくりに入ります。今日の夕飯はシーフードカレー!! ヤッター

作り始めた時は星空も出ていて、「今日は外で寝れそうやなぁ(フラグ)」だとか「幸先ええなぁ(フラグ)」などと盛り上がっておりましたが、途中から雲が出てきて星が見えない状態に
そして風も吹いてきてついにぽつりと雨粒が・・・地獄の夜の幕開けである。
この雨粒、大粒で痛い。まさかと思って「火器と食材持って走れ!!」と言いましたが半分手遅れ。まさかのゲリラ豪雨でした。
屋根のあるところ(BBQ広場)まではたったの50mほどだったのですが、たどり着くころには全員ずぶ濡れ・・・テントや自転車も完全に雨ざらしであーあといったところ
仕方ないからここでやるか―と調理を再開しようとしていた時に忘れ物を取りに雨の中走って行った一回生のN原ことプニキが戻ってきて一言
プ「先輩!!テントが・・・テントが吹っ飛ばされました・・・」  一同「!?!?!?!?」

これだけでは終わらない長い長い一日目
後半へ~続く(CV:キートン山田)

ゴリラゲウウの模様(うつってるのがプニキ)

s_20140807.jpg

PageTop